東京工科大学大学院(ビジネススクール)アントレプレナー専攻においてマーケティングについて研究を行っています。大学院でマーケティングを学びたい方、ご相談下さい。

目黒ゼミについて

  • HOME »
  • 目黒ゼミについて

目黒ゼミとは

東京工科大学大学院アントレプレナー専攻、および東京工科大学コンピュータ・サイエンス学部において、教授:目黒良門指導のもとで活動を行っているゼミです。目黒ゼミでは「マーケティング」をテーマとし、学生主体のゼミナール活動を行っています。

専門的な知識を習得するだけではなく、起業のためのビジネスプランの作成や、マーケティング戦略実務上の諸課題の解決に向けた研究論文執筆に取組んでいます。

アントレプレナー専攻とは

アントレプレナー専攻とは、

東京工科大学大学院 バイオ・情報メディア研究科 アントレプレナー専攻」を指します。

「起業」、「新規事業の創出」「企業内ベンチャー」をキーワードとした講義を行っております。

修了時には、修士アントレプレナーが授与されます。

学生の活動

ゼミ生は、各々の問題意識や企業実務経験を踏まえた上で、おおまかに「マーケティング目標の策定~市場調査~ターゲットとポジションニングの明確化~マーケティング戦略の策定~戦略モデルの評価」という流れに沿って、ビジネスプランの策定あるいは学術論文の執筆を行っています。

ビジネスプランあるいは論文としての「作法」を守ることも重要ですが、日々変化する市場に効率的に適応するためには、自由かつ大胆な戦略モデルを提示・検証することが強く求められます。

これまでの所属学生の主なテーマ

  • 「高齢者の労働マーケットに関する一考察」
  • 「店舗型カウンセリングサービス事業計画」
  • 「技術系ベンチャーのBtoBマーケティングにおける市場適応・成長要因分析」
  • 「広告メディアとしてのデジタルサイネージ研究」
  • 「エリア・マーケティングにおけるGIS利用の有効性に関する研究」
  • 「横浜中華街のサードプレイス」
  • 「消費者参加型コラージュサイトを用いたコンテンツマーケティングモデルの研究」

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP